----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0509

[暴走するなら]みずぼうそう祭り。[愛がいいのに]  


みずぼうそうにかかりました、皆様こんにちはともにょです。
連日の高熱に悲鳴を上げて、布団の上で頭痛にのた打ち回っていました。
今朝は熱が若干下がり・・・うおお、万歳!・・・ともいかず。

キリキリキリ・・

今度は胃痛がするーー!

次男もかかっているのに、彼は元気に犬コロのように走り回っている・・なんだこの差v
オトナがかかると重いようです。皆様もお気をつけてv


(以下、くだらない落書きなので、流してくださって結構ですのよ?)

(なんとか頭痛に耐えようと、お布団の中で絵を描きました。
熱が下がる合間にイロヌリ・・て、だから悪化したんじゃ?!



100508-2s-1.jpg

朝、キョーコさんは目覚めとともに、全身についた赤あざのようなものにショックを受けました・・。

「うええーーん・・敦賀さん。」
「なんでしょう、キョーコさん」

「見てください、この赤いあざのようなもの。きっと悪い病気なんです・・敦賀さんにうつしていたらどうしようっ!」
「・・・キョーコさん。昨夜、俺たちは『ナニ』をしましたか?」

「と、とてつもなく疲れる『運動のようなもの』ですか?」
「(運動って・・)そうだね。その時の俺の行為をよーーく思い出してごらん?」

「えーーっと・・・」
「記憶にないなら、今すぐここで再現してあげるけど?」

きょこの腕に吸い付く蓮さん。

「えっ、あっ、んっv・・痛っ・・ああっ!この痕!」
「わかったかい?キスマークだよ」

「・・敦賀さんがやたら吸い付くと思っていたら・・」
「・・今までつけた事なかったからね。暗くてわからなかっただろうし」

「・・良かった。変な病気じゃないんですね」
「・・ある意味病気かもしれないけどね・・(俺が)」←むさぼり病

「・・ああーーっ!つ、敦賀さんっこの痕ってどのくらい残っているんですか?!」
「ん?(キュラキュラ)すぐに消えるよ」

「う、嘘だわーーっ」
「服を着ればわからないよ。そんな事よりキョーコさん。
・・男の生理現象を宥めるのを手伝ってはもらえませんか?このままだと辛いんです」
←自分本位

「え、きゃーーー!嫌ですーー」
「嫌よ嫌よも好・・」

「結構ですって言ってるんですーー」
「結構なら『YES』だよね」

「屁理屈言わないでくださいっ!・・てか、空気よんでください、敦賀さん」
「キョーコさんこそ雰囲気よんでください」

「・・えーいっ」←蓮さんを押し倒したキョーコさん。
「きょ、キョーコ?」

「呼び捨てにしないでくださーい!(ちゅーーーぽんっ)出来た!」

蓮さんの厚くてひろーい胸のど真ん中に、キョーコさんのつけたキスマークが一つ。


「ふーーん・・初めてにしては、ハッキリと形も綺麗につけたね、キョーコさん」
「でしょう?初めてにしてはよく出来たと・・」←満足

「俺さ、あさってアールマンディの撮影があるんだよね・・知ってた?」
「ええっ!・・あ、あの、まさか服を肌蹴るような格好をなさるわけでは・・」


「弱ったな・・モデルは身体が『商品』だからね。・・モデル仲間にもなんて言われるか・・」
「ええええっ!ど、どうしようっ!」

「意地になってごめんなさいっ、迷惑かけてごめんなさいっ、掃除機みたいに吸い付いてごめんなさいっ←?」


「はい、ストップ。・・じゃあ、俺のお願い聞いてくれるかな?」
「はいっ、なんでもしますからぁぁぁ」

「はい、じゃあコレ持って」←太くて硬いもの。
「う・・はい・・ど、どうすればいいんでしょう?」

「何、簡単だよ。キョーコさんがさっき言ったように、『掃除機みたいに吸い付いて』くれればいいんだ。」

「あの、キスマークとはあんまり関係ないんじゃ・・」
「うん。いいんだよ。それより出来るかい?『物の演技』、君なら出来るはずだ」

「はいっ!不肖、最上キョーコ。今から掃除機の演技を始めますっ!」




*******それからどうなった?*****


「・・まーーた騙されたんだ、キョーコちゃん」←社 倖一さんです。
「やっぱりアールマンディの撮影なんてなかったんですね・・・はぁ」

「いや、ほら、キョーコちゃん!アイツさ、好きな子に対しては妙にいじめっ子気質になるというか・・」

「ところで社さん。・・掃除機をかけるときに好きな場所はどこですか?」
「え。・・ええと、絨毯?(なんだろう?・・てか、俺の話はスルー??)」

「絨毯ですか?」
「うん。じっくりと丁寧にかけるとホコリが取れてスッキリするだろう?
あの瞬間がいいよなぁ・・」



「じっくり丁寧に・・。わかりました!何かヒントをつかんだ気がしますっ!ちょっと失礼しますーー!」
「えっ!キョーコちゃん?突然どうしたのーー!?」


「この間、掃除機になりきれなかったので、帰って勉強してきますーー!」
「ブッ!・・なんだよその理由・・は、腹痛い・・」




おわり。


掃除機の演技のときに、ノリノリなキョーコさんが「うぃぃーん」とか言っていたら、もうお笑いにしかならないの。
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/09 Sun. 10:08 [edit]

CM: --
TB: --

天気予報

まとめ(各自クリックしてください)

最新コメント

プロフィール

メールフォーム

特設会場入り口

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。